CDにはどのようなメリットがあるの?

CDにはどのようなメリットがあるの?

今や音楽はサブスクリプションサービスで楽しむことが当たり前となりつつあり、CDをわざわざ購入するという方は少なくなってきています。
しかし音楽が手軽に楽しめる現在だからこそ、CDで音楽を聞くことに価値を感じる方がいることも確かでありこの記憶媒体で音楽を楽しむメリットも複数あるとされます。
まず挙げられるのがデバイスに頼らない音源として最適であることです。
昔はCDを聞くためには専用のプレーヤーを準備する必要がありましたが、現在はパソコンを使用することによって様々なデバイスに曲を取り込むことが可能となります。
パソコンを経由することによってスマートフォンにもデジタルミュージックプレイヤーでも曲を聞けるので、色々な媒体で楽しみたいという方にとっては非常に魅力的です。
そしてMDやカセットなど古い媒体に取り込むことも可能です。
ネット配信やサブスクサービスは特定のデバイスやネット環境がなければ聞くことができない場合も多いので、時間や場所を選ばずに手軽に曲を聞きたい人にとってはCDは大きなメリットといえます。

音楽CDの再生が可能なデバイスの候補について

音楽CDを再生するにあたって、それが可能なデバイスの1つにラジカセが挙げられます。
カセットテープに記録された音声とラジオ、そしてコンパクトディスクの音声を再生できる機器です。
また電池駆動でなおかつバッテリー内蔵型の、ポータブルプレイヤーも同様に再生可能な機器と言えます。
コンセントより電源供給が必要な機器としては、ミニコンポも同じく候補として挙げられるでしょう。
アンプやスピーカーと組み合わせてお好み音を鳴らせる、単体のプレイヤーも人気があります。
現在では既存の規格に加えて、上位規格に対応したモデルも登場しているほどです。
続いて他の目的で開発された機器に、搭載されたものも見ていきましょう。
DVDやブルーレイのプレイヤーもその候補の1つであり、CDを再生することが可能です。
パソコンや外付けドライブと組み合わせたスマートフォンなど、電子機器もそのうちに含まれます。
他にもソフトにディスク媒体を採用している、ゲーム機でも再生できます。

CDに関する情報サイト
令和でもCDは売れている!?

このサイトでは、大きな転換期を迎えつつある音楽業界において、今でもCDは売れているという現状について解説します。インターネットが普及してからは音楽配信サービスが主流となりつつありますが、そのような状況下においてもこのメディアは売れ続けています。簡単にダウンロードできる方法があるのになぜ消費者はわざわざ商品として売られているものを購入するのか。消費者が購入に至るまでのマインドを分析して、その秘密に迫ります。

Search