CDのデメリットも確認しておこう

CDのデメリットも確認しておこう

音楽媒体の1つであるCDは様々なメリットを持っている優れた記憶媒体ですが、反対にデメリットの面もあるといわれています。
まず挙げられるデメリットの1つが、音楽を持ち歩くには専用のCDプレイヤーを利用する必要があることです。
CDを直接入れるタイプの携帯型プレイヤーは、現代で利用されているデジタルミュージックプレイヤーと比較してもサイズが大きいので荷物でかさばりますし、色々な曲を聴きたい時には複数のCDを持ち歩く必要が出てきます。
もしデジタルミュージックプレイヤーを利用したいという場合でも、1度パソコンに曲を取り込んでからの好きなデバイスの中に入れる必要があるので、取り込みの手間がかかることが面倒と感じる方も少なくありません。
そしてデジタルタイプのデバイスにも入れておく曲数が限られてしまうので、現在流行りの音楽のサブスクリプションサービスのように、好きな曲を好きなだけ聴きたいというニーズには応えてくれません。

CDの価格帯には幅がある?1万円を超えるものも

定額制サービスの音楽ダウンロードを利用している方にとっては、なぜCDをわざわざ購入するのだろうと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
ですがCDと言うパッケージで持つことで、曲が楽しめるだけではく、パッケージそのもののデザインの魅力や歌詞カード、さらにはおまけが付いていることもあり、「曲以外の付加価値」を求める方にとっては今も昔も人気なのです。
CDをご自身では購入しないという方にはおどろきかもしれませんが、CDの価格帯には大きな幅があり、2000円台から、高いものであれば1万円を超えることもあります。
なぜそのように幅があるのかというと、「初回限定版」など、初回生産分だけにおまけがついていることもあり、そのおまけに価値が高く、金額が高価になることもあるのです。
CDのおまけには様々あり、購入した方しか聞けない曲や、グッズが付いていることもあります。
どのようなグッズがあるのかというと、ポストカードやポスターが多く見られるおまけです。

CDに関する情報サイト
令和でもCDは売れている!?

このサイトでは、大きな転換期を迎えつつある音楽業界において、今でもCDは売れているという現状について解説します。インターネットが普及してからは音楽配信サービスが主流となりつつありますが、そのような状況下においてもこのメディアは売れ続けています。簡単にダウンロードできる方法があるのになぜ消費者はわざわざ商品として売られているものを購入するのか。消費者が購入に至るまでのマインドを分析して、その秘密に迫ります。

Search