配信が当たり前の令和でもCDは売れている!そんなCDの仕組みなどを分かりやすく解説

このサイトでは、大きな転換期を迎えつつある音楽業界において、今でもCDは売れているという現状について解説します。
インターネットが普及してからは音楽配信サービスが主流となりつつありますが、そのような状況下においてもこのメディアは売れ続けています。
簡単にダウンロードできる方法があるのになぜ消費者はわざわざ商品として売られているものを購入するのか。
消費者が購入に至るまでのマインドを分析して、その秘密に迫ります。

配信が当たり前の令和でもCDは売れている!そんなCDの仕組みなどを分かりやすく解説

基本的には音楽配信サービスで配信されている楽曲と、お店などで購入できるCDの音源は同じです。
にもかかわらずCDを購入する人が多い理由は、より魅力的な特典などが付属しているからです。
例えば製品版を購入すると、ポスターや写真などが付属してきます。
中にはライブやアーティスト達と握手できるチケットなどが同梱されていることも多く、ダウンロード版とは違ったものを付加することで消費者の興味を惹きつける仕組みです。

CDの買取相場はこのように決まる

家の中にもう聴かなくなってしまったCDが大量にある場合、業者になるべく高価で売却したいと考える人は多いです。
出来るだけ高価で売却したいのならば、CDの買取相場の決まり方をよく理解しておくことが必要です。
商品のジャンルによって大きく変わりますが、基本的に元値の3割以下が目安と言われています。
業者にも利益が必要でCDがまた売りに出して購入する人がいると見込まれる場合には、高価で売却が可能な場合もあります。
アーティストのベストアルバムで、幅広いファンが購入しやすいジャンルなので高く売却しやすいです。
また廃盤になってしまったものも、高値が付きやすいです。
反対に高く売却出来ないのが、コンディションが悪い場合です。
中のディスクに傷が付いていたり、歌詞やアーティストの写真が掲載されているブックレットに破れがある場合にはレア価値が高いものであっても安くなってしまうこともあります。
業者は価値があるのかどうか、商品として再販出来るかどうかで買取相場を決めています。

もはやCDは時代遅れになってしまったの?

好きなアーティストの楽曲を楽しむにはCDを購入して、再生出来るプレイヤーを用意して音楽を楽しむというのが今までの音楽鑑賞の流れとなっていました。
しかし何百万枚のヒット曲を持つ歌手も大勢存在しているというのは、もはやかなり前の時代の話となっています。
現在音楽を楽しむ主流となりつつあるのが、ストリーミングと呼ばれるインターネットに接続して映像や音声データを楽しむ再生方式です。
今ももちろんCDを発売するアーティストはたくさんいますが、中には配信のみのリリースというCDを発売しないアーティストも増えてきています。
日本人の感覚として物として取っておきたいと考える人も多くいて、ジャケットなどコレクションとして購入したいと考える人もいるので時代遅れになっているとまでは言い切れないのが現状です。
しかし近年日本でもストリーミングを中心とした再生方式を選ぶ人は増えていて、この先CD購入者の比率は少なくなっていくことが予想されています。

CDが売れ続けている理由を詳しく解説

世界的に音楽を聴く方法としてCDよりもストリーミングサービスを利用するという人は年々増えていて、物理的な商品購入よりももっと気軽に音楽を楽しみたいと考える人は多くいます。
日本でもストリーミングの流れは急速に広まっていて、配信のみのリリースを決めるアーティストもいます。
しかし日本では未だCDを購入する人が多くいるのが現状で、その理由の1つが特典目当てで購入をする層がいます。
アイドルグループなどによく見られる傾向ですが、特典としてイベントの参加券を中に入れることで大量にCDを購入する熱狂的なファンがいます。
また日本人の文化的な要因として、ジャケットをコレクションしたいと考える人も多くいて未だに音楽を聴く方法として選ぶ人も多いです。
音楽を発信する方法として、YoutubeやSNSを使う無料配信が気軽に出来るようになった現在でもCDに付加価値を求めて買い続けるユーザーはこれからも一定数はいると予想されています。

CDはコレクションとしても楽しめる

音楽を楽しむ為にCDを購入するという人の割合は、世界を見ると少なくなっています。
ストリーミングを中心としたダウンロードによる音楽再生が主流となりつつあり、日本でも配信のみのリリースを行っているアーティストもいます。
しかし依然として、日本ではCDが売れているのが現状です。
物として自分の手元に持っておきたいと考える人も多くいてコレクションとして、ジャケットを並べて楽しんでいるという人もいます。
アーティスト側も凝ったジャケット写真や、何枚もジャケットの種類を変えて販売するなどファンの要望に答える形で発売しているアーティストも多くいます。
世界的に見るとストリーミングの比率は年々増えているので、日本もこれからCDで音楽を楽しむという人は減少が予想されています。
コレクションとして楽しんだり中に挿入してある特典目当てに購入する人は一定数いるので、CDが全くなくなるという自体にはならず楽しみ方の多様化が進む流れが続いていきます。

CDに関する情報サイト
令和でもCDは売れている!?

このサイトでは、大きな転換期を迎えつつある音楽業界において、今でもCDは売れているという現状について解説します。インターネットが普及してからは音楽配信サービスが主流となりつつありますが、そのような状況下においてもこのメディアは売れ続けています。簡単にダウンロードできる方法があるのになぜ消費者はわざわざ商品として売られているものを購入するのか。消費者が購入に至るまでのマインドを分析して、その秘密に迫ります。

Search